良い音楽は「薬」にもなる 心を清め、道徳を昇華





このサイトでもよく取り上げている米ニューヨークに本部を置く神韻芸術団の専属オケーストラ「神韻交響楽団(SHENYUN SYMPHONY ORCHESTA)」が、9月13日、ついに来日しました。

失われた伝統文化の復興を目指す「神韻芸術団」は2006年に創立されて以来、世界各国で毎年百回以上の公演を行っています。2010年からは専属オーケストラの単独ツアーも北米でスタート。東西の楽器を融合し絶妙な音色を生み出す、世界唯一無二のオーケストラです。神韻の音楽は世界各国の有名音楽家からも絶賛されています。

神韻交響楽団の芸術家はこのように述べています。

「良い音楽は人の道徳を昇華させ、神韻音楽は純粋なエネルギーは、混乱する現代社会を静めて、生命の悟りを促すことができます」「心を清める神韻楽団は、観衆の皆さんの心身の喜びと、精神の悟りを得られるでしょう」。

神韻交響楽団が北米以外で公演を行うのは今回が初めて。今回は日本と台湾で公演が行われますが、日本は東京のみ(2回公演)、台湾は10都市で行われます。

中学3年生の息子のために、今回関西から東京に公演を観に行きます。この楽団に入るのが夢なので、交通費が高つきますが、十分その値打ちがあります。来年高校受験を控えていますが、学校を1日休んで、公演を観に行きます。

日本公演は二回のみです。

9月15日 東京オペラシティ

公演時間:昼2時、夜7時

チケットの購入サイト:公式サイトhttp://ja.shenyun.com/symphony

t_xeuhrmjbqmulpegv2lci
神韻交響楽団の指揮者ミシェン・ナレフ氏

shen-yun-symphony-orchestra%ef%bc%92

shen-yun-symphony-orchestra3

神韻交響楽団の作曲家・高原氏にインタビュー

コンサートツアーが始まるまでわずか一カ月。10月にボストンからマイアミにかけて(トロント経由)の演奏ツアーが予定されている神韻交響楽団について、作曲家の高原(ガオ・ユェン)に話を聞きました。

多くの人にとって夏の終わりは、バーベキューや浜辺での最後のひとときを楽しむ時期です。でも、神韻の音楽家は来シーズンの準備に追われています。四六時中、リハーサルの音が各スタジオから流れてきます。2015年の神韻公演の準備に加え、交響楽団の秋の演奏ツアーのためにオリジナル曲に磨きをかけているところです。

そんな中、最も多忙な人物に数えられる作曲家の高原に話を聞きました。

問:神韻交響楽団の運営についてお話しいただけますか。

高:神韻公演ではステージの中心は舞踊で、音楽は伴奏に過ぎません。演奏ツアーでは、神韻の各オーケストラを合わせて構成されたフルオーケストラの演奏が脚光を浴びます。壮麗な音楽による最高の体験を味わっていただくために、力を注ぎます。

神韻のオリジナル曲は、ダンスの演目で人気のあった曲から選ばれ、交響楽団用に編曲されました。これらの曲の旋律は、時代を経て継承された古代の民間・民族音楽です。

オーケストラの中央に位置する中国の楽器は、フルオーケストラをバックグラウンドとして、中核となる旋律を奏でます。壮麗な西洋の交響楽団に、中国の伝統楽器が加わり、独自の音を生み出すのです。違和感のない融合をはかることが作曲のカギです。

中国五千年の文化と音楽を表現するために、西洋のオーケストラを組み入れることは、 これまでになかった斬新な発想です。中国の異なる王朝や民族を幅広く探求してきています。ですから、多文化が息づく舞台を体験していただけるのです。

10%e4%b8%96%e7%b4%80%e3%81%ae%e3%80%8e%e9%9f%93%e7%86%99%e8%bc%89%ef%bc%88%e3%81%8b%e3%82%93%e3%81%8d%e3%81%95%e3%81%84%ef%bc%89%e5%a4%9c%e5%ae%b4%e5%9b%b3%e3%80%8f%e3%81%ab%e6%8f%8f%e3%81%8b%e3%82%8c10世紀の『韓熙載(かんきさい)夜宴図』に描かれた、笛を吹く女性たち

問:中国の音楽史について簡単にご説明いただけますか。

高:発掘された古代楽器から、中国の音楽は9千年以上前に遡ることができます。時代を経るにつれ、民間音楽、文人音楽、宗教音楽、宮廷音楽の4つのジャンルに分かれるようになります。

漢の時代(紀元前206年-紀元220年)、朝廷は「楽府(がふ)」と呼ばれる機関を設置しました。音楽教育と古代の民間音楽や詩歌の収集を専門としていました。その後、西アジアとの文化交流は、漢に新たな楽器をもたらすことになりました。こうして中国の音楽はさらに豊かなものとなったのです。

その後、唐の時代、音楽の才能に恵まれた玄宗皇帝(在位712-756年)が、『梨園』音楽学院を創設し、個人的に子弟を指導しました。プロの音楽家を輩出することで、中国音楽の発展に多大に貢献することとなりました。

%e8%96%ac%e3%81%a8%e6%a5%bd 「薬」という漢字は音楽の「楽」から成る

問:音楽には治癒能力があるという古代の発想が今、新たに認識されています。この発想はどこから来ているのでしょうか。中国の伝統音楽とどのような関係があるのでしょうか。

高:私たちの祖先は、音楽は人の精神性を調和させる能力があると信じていました。古代中国では、初期の音楽の目的のひとつは病気治療にありました。実際、「薬」という漢字は音楽の「楽」から成り立っています。

黄帝(紀元前2698年-紀元前2598年)の時代、人類は五音階と五行、五臓、五官の関連を見いだしました。孔子の時代の学者は、音楽の平静の特性を、身を修め心性を養うことに役立たせました。

今日、科学の研究によって、血圧の低下、不安解消、集中力の増強、心拍の安定など、多くの音楽の治療効果が証明されています。

%ef%bc%88%e5%b7%a6%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%89%e7%a3%ac%ef%bc%88%e3%81%91%e3%81%84%ef%bc%89%e3%80%81%e7%90%b5%e7%90%b6%e3%80%81%e4%ba%8c%e8%83%a1 (左から)磬(けい)、琵琶、二胡

問:中国の楽器と西洋の楽器を同時に使うことが、神韻の音楽の最大の特徴として挙げられます。交響楽団の演奏では、どのような中国の楽器がステージに登場しますか。

高:弓を使う楽器や弦を弾(はじ)いて奏する楽器、そして多くの打楽器があります。

二胡は中国のバイオリンとも呼ばれ、弓を使う二本弦の楽器です。二本しか弦がないにもかかわらず、最も奥深く、最も憂いを帯びた音色を奏します。

弦を弾いて音を出す琵琶は、宮廷で好まれた楽器でした。

打楽器は、中国式シンバル、太鼓、碰鈴(ぺんりん)、磬(けい)、銅鑼(どら)など様々です。

これらの歴史的な楽器は数千年にわたり、中国の音楽に欠かせない役割を果たしてきました。中国の伝統文化、習慣、精神性を代表するものとも言えましょう。

問:このような音楽を創作する過程で、作曲家と奏者が直面する課題は何でしょうか。

高:曲目は基本的に舞踊の伴奏として創作されていますので、作曲にあたって、振付とうまく融合することが求められます。振付師が心の中で描く構想を具現化するよう最善を尽くします。音楽が舞踊の一つひとつの動きに完璧に応えるまで、作曲の作業は終わりません。リハーサルまでかかることもあります。演奏ツアー用には、すべてのイメージが音楽のみを通して表現できるようにするため、編曲する必要があります。

問:コンサートで観客が得られるものは何でしょうか。

高:観客の皆様が啓発されることを希望します。そして、美しい旋律、演奏のエネルギー、中国の古典文化、古典音楽の新たな発展から何かを感じていただければと思います。

* * *  

神韻交響楽団は、西洋のクラシックの名曲も演奏します。また、ベルカント唱法で受賞した声楽家による独唱を、オーケストラの伴奏付きでお届けします。

                  (by 神韻芸術団公式サイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
俺様が中国最強の『裸官』なんじゃ!

新訳第3版 中国語会話301(上)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:26時点)

新訳第3版 中国語会話301(下)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:27時点)




人気ブログランキングへ

 



この記事を読んだ人は以下も読んでいます。

Share This Post

Post Comment