中共に屈した哀れな韓国KBS


日本公演を終えた神韻芸術団が今年ツアーのゴール地である韓国公演に向かいましたが、残念な情報が伝わってきました。

韓国の蔚山(ウルサン)など、地方での公演を終え、5月6日から8日まではソウル・KBSホールで公演するはずでした。

kbs

 

KBSとの契約は今年1月に提携済みでしたが、中共大使館の圧力に屈したKBS側が公演を一方的にキャンセルしました。この件で主催者側は4月にソウル南部裁判所にKBSを相手取り裁判を起こしました。「KBS側の公演取り消しの理由が不十分である」として、4月19日、裁判所は原告の勝訴判決を下しました。


神韻広告

しかし、4月29日、中共大使館が再度KBS側に神韻公演を誹謗中傷する書簡を送ったとみられ、KBS側がその書簡を提出すると、ソウル南部裁判所は5月4日、KBSの公演取り消しを認める判決を下しました。

手紙

神韻韓国公演は毎年中国大使館の妨害を受けており、地方では毎年公演していますが、ソウルでは一度も公演できていません。数年前に釜山公演(KBSホール)の際も裁判沙汰になり、その時は主催者側の勝訴となり、無事公演できました。

 

神韻世界ツアーはすでに10年目になりますが、ソウルでは未だに一度も公演できていません。原因は中共大使館の脅迫と誹謗中傷で、韓国政府がビビってしまっているからです。釜山で裁判になった時も、韓国外務省が直にホール側に取り消し命令をくだしたそうです。

 

KBSは韓国国営のテレビ局(日本のNHKに相当)で、近年は中国向けの韓流コンテンツ製作に精を上げています。最近はKBSドラマ「太陽の末裔」が大ヒットし、中国国内でも大いに盛り上がっています。

太陽の末裔
KBSドラマ「太陽の末裔」(太陽的後裔,태양의 후예)

 

日本での韓流ブームが去ったため、巨大な中国市場をターゲットにすることは理解できるとしても、韓国は今回政府を挙げて誤った判断を下しました。

 

一方、中共の手口はどこの国でも同じです。

 

今回韓国KBSあてに送った書簡で「神韻公演を許可すると中韓人民の友情を傷つける」などの言っているようですが、以前、日本でも同じ手法で妨害を行っていました。幸い、日本では劇場側が韓国のように屈することなく、公演ができました。

 

ただし、日本でも地方の自治体などが中共領事館の脅迫に屈し、法輪大法学会のまつり参加の資格を剥奪するなどといったことはありました。

 

一例を挙げると、「博多どんたくまつり」や「神戸まつり」など。

 

法輪大法学会は日本ではNPO法人(宗教団体はNPO申請できません)ですが、中共領事館が「法輪功は宗教団体で、政治団体だ。まつりに参加させると日中友好にひびが入る」(実際は中国政府が発表した邪教団体リストに、法輪功は含まれていません。江沢民がトップを務めていた時代に、法輪功のあまりの人気ぶりに嫉妬と恐れを感じ、弾圧を命じたのです)などの理由で地方自治体を脅迫。

 

それまではまつりに普通に参加できていたのですが、ある年から理由もなく「不許可」となりました。もちろん理由を聞いてもまともに教えてくれなかったといいます。

 

神戸市の対応は呆れるものだったそうです。曰く「他の自治体(福岡を指す)で不許可になった団体は、うちも拒否する」。のちにいろんなルートを通じて調べた結果、中共領事館が電話で脅迫した上、さらには実際に兵庫県と神戸市にまで職員が出向いて、脅迫まがいの言葉を繰り返したそうです。

 

それ以来、神戸まつりには毎年申請をしても、許可がおりないとのことです。

 

共産主義者と手を結ぶなんて、哀れな神戸市ですね。

 

今回の韓国公演では、地方の公演ももちろん脅迫を受けたようですが、蔚山、全州、京畿道の劇場と地方政府は中共の脅迫に屈しなかったため、無事公演ができたといいます。同じ韓国人でも、このような立派な人たちもいるものですね。

 

韓国の政府と経済界、および社会全体が勘違いしていることが一つありますが、それはつまり「韓国市場は小さすぎるため、大陸市場に頼るしかない」という考えです。

 

大陸の市場はどの国もが狙っていますが、だからと言って、中共の言いなりになる必要はないはずです。良いお手本を示しているのがカナダです。カナダのハーパー総理は中国の人権問題に対しても遠慮なく指摘しましたが、それが原因で中国との貿易が影響を受けることはなかったのです。

 

神韻芸術団は韓国ソウル公演キャンセルの判決について4日、声明を発表しました。

「韓国の民主主義 と自由が傷つけられたことになる」「中国共産党は神韻を妨害するために世界各国の政府と劇場を懐柔・脅迫してきたが、(その証拠は)一度も公的に認められたことはない。このたび、韓国の裁判所で明かされた2通の公文書は、共産党の妨害工作の証拠として残される」

 

北朝鮮というパルゲンイ(빨갱이=アカ、共産主義者)から国を守るため、数十年戦ってきた韓国が、今、同じパルゲンイー中共の子分になろうとしています。

 

中国と中共はイコールでないことがわからないでしょうか。いい加減目を覚ましてほしい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
俺様が中国最強の『裸官』なんじゃ!

新訳第3版 中国語会話301(上)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:26時点)

新訳第3版 中国語会話301(下)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:27時点)




人気ブログランキングへ

 



この記事を読んだ人は以下も読んでいます。

Share This Post

Post Comment