残酷すぎ!!妊娠7ヶ月半の妊婦 強制堕胎される


妊娠7ヶ月半の妊婦 強制堕胎される

 

最近、強制堕胎のニュースばかり。

 

もっと驚いたのは、昨日このブログにたどり着いた検索キーワードのほとんどが「」だったこと。

 

この数日間で、強制堕胎のニュースはもう3本目。これ以上はもういやんなんだが、中国では毎日このような悲劇が上演されている。その数、毎日25000例だという。

 

まるで地獄だ。

 

【新唐人2012年6月15日付ニュース】近日、中国のネット上に強制堕胎された女性と死亡した7ヶ月の胎児の写真が掲載されました。二人目を妊娠した女性が4万元の罰金を払わなかったとして、地元当局が強制的に中絶手術を行いました。
 
ネットユーザーによると、近日、陝西省安康市曾家鎮政府は、7ヶ月半になる胎児を強制的に中絶させたそうです。被害者の妊婦が4万元の罰金を払えなかったため、強制堕胎を実施。当時、妊婦の家族にさえ知らせないまま、強制的に手術が行われたそうです。死産した胎児は完全に形を成しており、普通の赤ちゃんのように母親の横に寝ています。ただ、もう息はありません。
 
ネットユーザー
「残忍すぎです。人道に反しています、政府は改革が必要です。生育権は人間の最も基本的な権利です。計画生育はなくすべきです」
 
地元の人口および計画生育局は近日、中絶手術は6月2日、妊婦の同意の下で実施したと主張。一方、被害者の馮さんはラジオ・フリー・アジアに対し、手術は強制的に行われたと証言しました。我々は13日、安康市の計画生育局にこの事件を問い合わせました。
 
記者
「出産許可書がないと強制堕胎されるのですか」
 
安康市人口&計画生育局法規課
「え…いいえ、状況に寄ります」
 
記者
「馮建梅さんの件なぜ強制堕胎されたのですか」
 
安康市人口&計画生育局法規課
「その件に関しては我々は今 調査中です」
 
上海の李弁護士は、このような強制的な堕胎は違法行為だと指摘します。
 
人権派弁護士 李天天さん
「この間 8~9ヶ月の妊婦も強制中絶させられたと聞きました。しかも胎児は生きていたそうで、生きていたら溺死させます。法律の角度から見ると殺人罪です。政府はこんなことをやっています、共産党はもう狂っています」
 
先週危うく強制堕胎されるところだった湖南省の妊娠5ヶ月の曹如意さん。堕胎は免れたものの、巨額の罰金が待っています。
 

強制堕胎免れた妊婦 巨額の罰金に直面

 

 

【新唐人2012年6月14日付ニュース】中国湖南省の妊婦が近日、地元の一人っ子政策()事務所の職員に強制連行され、危うく強制堕胎されるところでした。幸い、夫が外部に助けを求のたが国際社会の注意を引き、お腹の赤ちゃんは一命を取り留めました。
 
被害にあったのは、長沙市の曹如意さん。“6月16日に1万元を支払う”との保証書にサインした後、やっと解放されました。しかし、子供が生まれた後は、20万元の巨額の罰金が待っています。
 
曹如意さんの夫 李甫さん
「16日の結果を待つしかありません。罰金は払えるなら払います。払えなかったら仕方ありませんが、先ずは子供を守り、生まれてからまた考えます」
 
地元の計画生育弁公室および政府職員らが6日午前、10数人の警察を連れて曹さんの自宅に押し入り、妊娠5ヶ月の曹さんを病院に強制連行しました。アメリカの“対中国援助協会”によると、期間中曹さんは殴打などの暴行を受けたそうです。幸いなことに急性胃腸炎発症のため、医者が堕胎手術を見送ったそうです。
 
長沙市計画生育弁公室の職員は11日我々に対し、曹さんは前の夫との間にすでに子供が1人いるため、今回の妊娠は違法で、おろさないといけないと主張しました。
 
対中国援助協会の傅希秋会長は、中国の一人っ子政策による強制堕胎の悲劇は、毎日上演されていると述べます。
 
対中国援助協会 傅希秋会長
「毎日どこかで発生しています。多くの辺鄙な農村では助けを求める声を外部に届ける手段もなく、国際社会の注意を引いていません。毎日少なくとも25000例発生しています」
 
幸い、曹さんの事例は国際社会の注意を引きました。ボイス・オブ・アメリカの報道によると、アメリカ国会のスミス議員が、湖南省政府および長沙市の関連部門に電話をかけ、曹さんへの強制堕胎の中止を求めたそうです。一方、子供の一命は取り留めたものの、生まれてからの巨額な罰金に夫婦は頭を悩ませています。
 
新唐人テレビがお伝えしました。
 



ブログランキング・にほんブログ村へ
俺様が中国最強の『裸官』なんじゃ!

新訳第3版 中国語会話301(上)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:26時点)

新訳第3版 中国語会話301(下)

新品価格
¥1,404から
(2015/1/31 20:27時点)




人気ブログランキングへ

 



この記事を読んだ人は以下も読んでいます。

Share This Post

Post Comment